Hummingbird|裏シルク2重編みルームソックス

●シルクは蚕が自分の身を守るために作った天然の防護服●

蚕がサナギの間、外部の刺激から身を守るために作られたものが繭です。そのため、シルクには驚くほどの機能が自然に備わっています。

・快適に過ごすための保温性、吸湿性、放湿性
ムレず、いつもサラサラ。でも柔らかな暖かさをキープします

・紫外線ブロック
繭は蚕を紫外線から守る力を持っているためシルクにも同じ力があります。

・静菌作用
繭はタンパク質でできています。菌はタンパク質をエサとして増殖しますが、シルクに菌を落としても、菌は増えないそうです。減ることもないので殺菌とはいえませんが、菌の繁殖を抑える「静菌作用」があるといわれています

・肌を補修する
繭をつくるタンパク質は人間の肌や筋肉を作るアミノ酸に非常によく似ているそうです。そのため、シルクを肌につけると皮膚が補修されツルツルになります。



●Hummingbirdのこだわり●

シルクは
・着物などに使われる一番高級な「生糸(きいと」
・「生糸」にできなかった繭を集め、線状に紡いだ「絹紡糸(けんぼうし)」
・「生糸」にも「絹紡糸(けんぼうし)」にもできなかった、ムラやネップのある糸を紡いだ「絹紬糸(けんちゅうし)」 などがあります。
シルク特有の機能はどの糸も同じです。
ただし、糸の太さやなめらかさ、空気の含有量による肌触りは変わってきます。

「絹紡糸」と「絹紬糸」それぞれを使った試作品を比較したところ、なめらかさは断然「絹紡糸」!さらには職人さんが生産していて、糸飛びや切れなどの不良になりずらいのも「絹紡糸」でした。「絹紬糸」を使うと安価になるとはいえ、一般的な靴下やルームソックスからすればいいお値段。ならば、長く安心して使っていただけるよう、品質が確かなものにしたいと「絹紡糸」を選びました。



Hummingbirdでは、さらに履き心地を追求。

2重編みソックスは表地と裏地がずれて気持ち悪いのが難点。そこで、履き口はもちろんつま先も、表生地・裏生地をしっかりと縫い合わせました。これにより、ズレない靴下になりました。

厚みがあるのでルームソックスの方がおすすめですが、履いて歩いてもずれないので、サボやスポーツ系のサンダルなどゆったり目の靴でしたら問題なくおでかけにも使っていただけます。

¥ 3,240

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ポスト便

    全国一律 185円

※6,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。